第10回 若手技術者があらかじめ決めた時間軸で期待する結果を出せない 日刊工業新聞「機械設計」連載

 

若手技術者があらかじめ決めた時間軸で期待する結果を出せない 日刊工業新聞「機械設計」連載

 

Image above was referred from 日刊工業新聞社「機械設計」HP

 

 

日刊工業新聞社の月刊誌である機械設計で、

 

若手技術者戦力化のワンポイント

 

という題目の新連載の記事が2024年6月号に掲載されました。

 

 

 

題目は、

 

 

若手技術者があらかじめ決めた時間軸で期待する結果を出せない

 

 

です。

 

 

 

 

 

リーダーや管理職が若手技術者に求めるのは、

期待した期間内に期待した結果を出すことです。

 

 

当然ながら結果というのは良い結果とは限らず、

問題を明らかにするような結果もあります。

 

 

いずれにしても結果が出ないことには次の一手が考えられないので、

結果を期待した時間軸で出すことを意識するのは、

若手技術者にとって大変重要なことです。

 

 

 

実際にリーダーや管理職が業務指示を出し、

若手技術者を動かしたとして、

想定した期間内に想定した結果が出ることはほぼないでしょう。

 

 

今回の連載ではこのような状態を回避するため、

リーダーや管理職が若手技術者に対して出すべき指示と、

すり合わせのやり方について解説します。

 

 

 

 

 

 

 

日刊工業新聞社「機械設計」はこちらのページから購入することが可能です。

 

 

 

 

 

※関連コラム

 

 

若手技術者が本来の目的からずれた技術評価を進めてしまう
若手技術者の試験(実験)の データ整理スピードが遅い
若手技術者が指示事項を理解したのかわからない

 

技術戦略支援事業

⇑ PAGE TOP